ニンニンニートの毎日安静ブログ

ニートの圧倒的な暇を活かして発信

「結婚式は欠席」する勇気

結婚式への参加を断捨離しています。

 

● 基本的には全断り

 

知り合い程度のつながりの場合は、二次会も含めて、すべて断っています。

 

今年に入ってからは、結婚式にまだ一度も参加していません。

 

そういうキャラができつつあるのか、最近では「けっこう近い人」からも、誘いの声がかからなくなりました。


● 日本の結婚式は高すぎ

 

理由は単純にそれだけ。

 

とりあえず祝儀に3万

 

この時点で無理だけど、遠方の場合は交通費宿泊費もかかってきます。

 

二次会も含めると、一回の結婚式に参加するだけで10万ちかくかかる場合もあるでしょう。

 

「お車代」が出るのかもしれないけど、微々たるもの。

 

二次会も、最近は地味に6,000〜8,000円くらい普通に取られる。

 

その後も、三次会やカラオケがエンドレスに発生してくる。

 

● 業界側は、参加者の「祝ってあげたい」という気持ちを逆手にとっている

 

そうなんです。普通に祝ってあげたいんですけどね。

 

「結婚式は絶対来るし、払うよね」という打算が存在しているかと思われます。業界側にも、呼ぶ側にも。

 

なぜ世間の人たちは何の疑問も感じずに、このシステムを受け入れているのだろう。

 

もっとシンプルに、お金がかからなくて、オープンでカジュアルな会を開いてくれないだろうか。結婚式とは別でいいから。

 

そうすれば、気軽に参加して、素直に祝福したいのに。

 

 

少しなら払うし…


● この意見に共感してくれる人はいるのだろうか?

 

なぜ人々は高額な料金と、プライベートの時間を支払って結婚式に参加するのか、現時点では私には解明できていません。

 

このテーマについては、日頃から強く感じているので、今後も強く言っていきます。