ニンニンニートの毎日安静ブログ

ニートの圧倒的な暇を活かして発信

「消費しない」ことが最強の武器となる

捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる』を読み終えた。

 

f:id:ninninneet:20170422014453j:image

 

テレビのCMを無視し、衝動買いをせず、服を買い替えずに修繕し、最新の電化製品を購入するのを控えるたびに、ささやかな抵抗をしていることになります。(328ページ)

 

この文章を読んだときに、タイトルのフレーズがパッと思い浮かんだ。

 

「買い物は投票」とよく言われる。

 

漠然とお金を支払うのではなく、自分が共感できるモノ、サービス、アイデアに、「投資」という意識でお金を使っていくということ。

 

同様に、

 

「買わないこと」

 

も投票なのかもしれない。

 

 

どんな人でも(ニートでお金が少ない人でも)、「買わないこと」で表現できるものがきっとある。

 

○「買わない」という意思表示

 

共感できないものに対しては、断固としてお金を払わない姿勢。その消費活動(非消費活動)の総意が、形作っていく世界。

 

そう考えていくと、「何を買うか」はもちろんのこと、「何を買わないか」に対しても意識的になる。